廃車 業者 注意点

還付金の申請と登録の抹消確認は必須。

廃車手続きを業者に依頼する場合では、いくつかの注意点があります。



◆まず、第一に還付金の返金を行ってくれるかどうか?


 


例えば、重量税や、自賠責保険、自動車税などについては依頼した事業所では通常では還付させるための手続きを行うことになります。




その際には抹消登録を行う際に還付申請書付表というものが発行されることになるために、振込み先などに間違いが無いかどうかを確認することが必要になります。


この還付金を誤魔化したり、あやふやにする業者(手続き費用で相殺だとか、解体費用で相殺だとか)は、キッパリお断りし他の業者に依頼しましょう。


解体費用や手続き代行費用は無料とするのが、廃車専門業者内では当然となりつつあります。

 


◆次に、登録抹消の書類を送付してくれるかどうか?


 


自動車を解体することのできる事業所は各都道府県知事などによって認可されていることが必要になるために、しっかりとした事業所に依頼をしない場合では、正しく抹消登録がされないケースも予測でき、その結果として各種税金の督促が来てしまう場合もあるので、気を付ける必要があります。


 


いつまでに抹消手続きを行ってもらえるのかの確認と、リサイクル券のB券をもらうようにして下さい。(リサイクルB券は使用済み車(廃車)にした証として、所有者(あなた)に返す決まりとなっています。)


もしも上記の用紙をもらわずに、廃車手続きが完了したかを確認するには、陸運局にて現在登録証明を発行してもらう方法、または、『自動車登録システム』のホームページで処理状況を確認できます。


後日、ご自身で確認する場合には、車検証もしくはリサイクル券記載の『車両番号』と『車体番号』が必要になるので、メモ帳に記載するか車検証をご自身でコピーしておきます。


現在、業者に依頼した後にしっかりと廃車処理されたかの確認方法を探されている方が多くなってきているので、依頼時には上記の事を業者に確認する事を怠らないでください。

 


◆廃車では無く、買取すると言われた場合


 


買取が可能であった場合には、車体価格とリサイクル券の記載料金を頂戴します。


上述の還付金(重量税、自賠責、自動車税)は、買取額に含まれる場合が多く、基本的には戻ってきません。こちらは各社により対応は異なります。


また、代金は車体の引き渡し時では無く、必ず名義変更書類と引き換えに頂戴します。


手続きが終了したら、車検証のコピーをもらうようにして下さい。
(名義変更されている事を確認します。)




かつては、常識的に乗り続けることが困難な状態の車両の場合では、廃棄する際には所定の費用(主に解体費)が必要とされていました。


しかし現在では、リサイクル券を事前に購入するシステムになっており、尚且つ買取り業を行っている企業では、古くなった自動車にも価値を見出すことを行っており、例えばまだ使用することのできるパーツなどを取り外して再販することも行われているために、逆に買取り金額を受け取ることも不可能ではありません。


 


topページへ




 

サイトマップ