転入抹消や移転抹消について

2度出間を取らずに車の登録を抹消する方法。

車が要らなくなったとき、そのまま持っていたのでは自動車税がかかってしまいます。
そこで、廃車手続きというのをする必要があるのですが、それを抹消登録と言います。


通常であれば、管轄の陸運局に行けば簡単に手続きをすることができます。
しかし、引っ越してしまった場合や名義人が変更された場合などは、少し手続きが面倒になります。

例えば、東京で登録しているマイカーを、引越し先の北海道で抹消登録しようとなると、

まずは北海道からナンバープレートと必要書類を郵送しなければなりませんでした。


その後、東京の陸運局から抹消登録書を受け取らなければなりませんでした。

これですと面倒ですし日数もかかります。


お役所仕事らしい非合理的な方法だったので、最近ではもっとかんたんにすぐできるような方法があります。

それが「転入抹消」という方法です。


転入抹消をすれば、北海道にいながらにして、東京で登録されたマイカーを簡単にすぐに抹消登録することができるのです。


ただし、この転入抹消という呼び方、正式名称ではありません。
正式名称を「移転抹消」といいます。


これは、実際にはまず移転登録をしてから抹消登録をするという流れのため、語弊がないようにするのが目的です。


引越しだけではなく、名義人が変更になる場合にも使われます。


この場合には、名義人を移転してから抹消登録をするという流れです。
これも「移転抹消」「転入抹消」といわれております。


では、この手続きをするためには、どのような書類が必要なのでしょうか。

「変更登録に必要なOCRシート」、
「住所が変わった事を証明出来る公的な書面」、
「所有者の認印」、
そして「所有者以外が申請する場合は委任状」となります。

実際にはこれ以外に、抹消登録をするための書類もあります。

くわしくは、自分で廃車手続きをする方法にて掲載しています。


 

サイトマップ