海外で車の個人売却

高く売れても勉強が大変な車の個人売却

日本では10年以上乗っている中古車を買い取ってもらうのは難しくなります。

日本ではあまりにも古い中古車の需要が少ないのが現状です。

しかし海外では日本の中古車の需要があります。


日本で買い取った車を海外に輸出して売却をする業者もあるのですが、自分で海外に輸出をしてしまったほうが自分が手に入れられる金銭が多くなります。


そもそも個人的に海外に車を輸出することが可能なのでしょうか?

手続きをする必要がありますが、個人的に売ることは可能なのです。


ただその手続きがかなり面倒なため、あまり広くは知られていません。

売る国によって手続きの方法も違いますし外国語で手続きをしなければいけませんので非常に面倒なのです。

しかしその面倒さを解消してくれるサービスもあります、個人が輸出するのを代行してくれるサービスなのです。


これを利用すれば手数料を支払う必要があるのですが、その分不備もなく手続きができますので非常に助かります。トラブルになる可能性もありません。


ただしひとつ気をつけなければいけないこともあります。

国によっては車の輸入を禁止しているところもあるのです。
このような国に売ることができません。


もしも自分で使う車だと偽り、持ち込みをして売るようなことがありますと密輸になってしまいます。


代行の業者でしたら輸出が容認されているところでしか手続きを代行しませんのでそのような心配は一切ありません。

もしも個人的に車を売りたいと思うのでしたら代行のサービスを使うようにしてください。

代行の分の手数料がかかるもののそれ以外のお金はすべて自分のものになりますので通常の、中古車買い取りで売るよりもかなり高い価格で売ることができるのです。

しかし、廃車にするような車であれば、仮に高く売れたとしても上記のように手続きが大変になりますので、
日本企業に買取から手続きまで全てお任せした方が、時間対費用から見ても得な選択になるでしょう。

topページへ


 

サイトマップ