車体番号とは?

同じ番号は2つと無い車体番号

車体番号は車台番号ともいわれます。

 

また、車両番号はナンバープレートを指します。

 

 

自動車には必ず唯一無二の番号、車台番号が付与されています。

 

これはナンバープレートのように住所を変えたから、また所有者を変えたからといって変わるものではありません。

 

車が製造されてから一貫して同じ番号で管理されます。

 

 

自動車の戸籍のようなもので、同じ車台番号の自動車は存在しないことになります。

 

 

新規登録する際や車検を受ける際にも必要で、車検証が発行される前から存在しています。

 

 

車検証などの書類で確認することができますが、車両本体の破損しにくい部分に刻印されていることが多いです。

 

自動車の骨格部分などに物理的に記されていて、多くの場合ではボンネットを開けた際のエンジンルーム奥、ダッシュパネルといわれる箇所に刻印されています。

 

 

ただ車種によっては違う場所に刻印されていることもあるので、注意が必要です。

 

刻印されていないケースはありません。

 

 

車体番号で何が分かるの?

 

車台番号でわかる情報はさまざまです。

 

車種や製造場所などの特定、各メーカーから出ているリコールの対象かどうか、また部品の供給に関する情報、盗難車の特定などさまざまな局面で利用されることになります。

 

(ちなみにナンバープレートのみで個人情報を調べる事は現在では不可になっており、調べる場合には車体番号も同時に必要になります。

ナンバープレートから分かる事は、車両区分と、どの陸運局で登録されているかの地名のみです。

興信所や探偵を利用すれば、ナンバープレートだけでも個人を特定する事が可能な場合がありますが、その方法は分かりません。)

 

また、車体番号は個人ではあまり活用することはありませんが、特にリコール情報の照会の際には必要になる可能性があります。

 

もちろん車検証でも確認することができます。

 

車検証の車台番号欄に明記されている情報になります。

 

 

呼び方に関してですが、地域や事業者によって車台と車体で異なることがありますが、どちらでも通用するようになっています。

 

また、陸運局で廃車登録されたか調べる場合には、現在登録証明の発行が必要になりますが、その際にも車体番号は必要になります。

 

サイトマップ