リサイクル券や車検証が紛失していた場合は?

リサイクル券と車検証が無い!

自動車を廃車にする手続きを行う場合では、現在ではリサイクル券と車検証は必要書類として用意しなければなりません。

 

しかし、この2つの書類を紛失してしまっている方の場合では、それぞれ所定の手続きを必要としています。

 

リサイクル券の紛失

 

リサイクル券を無くした場合には、自動車リサイクルシステムにアクセスして下さい。

アクセス後に画面左側の、『あなたのクルマのリサイクル料金は?』をクリックしてください。

 

自動車検査証に記載されている必要事項を入力することによって、

パソコンの画面に『自動車リサイクル料金の預託状況』が表示されるので、その画面をプリンターで印刷することで代用することが可能になります。

 

尚、パソコンやプリンターを持ち合わせていない方の場合では友人知人や、いわゆるネットカフェなどを利用しても印刷することが可能になります。

自動車リサイクルシステムのよくある質問より引用

Q、リサイクル券の再発行は可能ですか?
A、再発行は出来ないため、印刷してご利用ください。それが証明書の代わりになります。

リサイクル券は上記サイトで印刷した紙を代用して下さい。

車検証の紛失

 

また自動車検査証を紛失している場合には、

車検証自体を再発行してもらうか、現在登録証明書という書類を用意することで廃車手続きを進めることができます。

まずは再発行の方法ですが、その自動車の登録を管轄している陸運局に対して申請を行うことになります。

必要になるのは

  • 申請書、
  • 印紙購入による手数料納付書、
  • そして紛失してしまった理由を説明する理由書、
  • 印鑑、
  • 住民票、
  • 事業者に代行してもらう場合は委任状

が必要です。

印紙代は300円です。

車検証が破れてしまっているなどの理由で再発行手続きを行う場合は、その破れた車検証を返納が必要です。

 

注意したいのは、破れていても使用できるだろうと考えて再発行しなくても廃車手続きができるだろうという判断が難しいということです。

 

基本的に記されている内容が判別できれば手続き上問題ないはずなのですが、あらかじめ廃車を委託する事業者に相談することが大切です。

 

次に車検証の再発行ではなく、現在登録証明書という書類を取得する方法です。

廃棄前提であり、乗る予定もない自動車である場合はこの書類で車検証に記されているはずの内容を証明することができます。

また、所有者が不明の自動車を確認する際にも利用することができます。

 

取得に必要な書類としては

  • OCR第3号様式、
  • 300円の手数料納付書、
  • そして請求者を確認できる書類です。
  • ナンバープレートに記されている内容
  • (車に刻印されている車体番号が必要になる場合があります。)

確認書類としては身分証明になる免許証などの書類が必要です。

こちらも同じく陸運局で手続きを行うことになります。

topページへ

 

サイトマップ