使用済み引取証明書

使用済み自動車引取証明書って何?どんな時に必要なの?

 

『使用済み車引取証明書』とはリサイクル券のB券の事を指します。

 

使用済自動車引取証明書

 

この書類は、解体する車両を、解体業者が引き取ったという事を証明する書類になります。

(買取業者や廃車業者に車両を渡す場合は、リサイクル券ごと渡せば大丈夫です。
あくまでも、ご自身で解体業者に車両を持ち込み、永久抹消登録をされる方だけお読みください。)

 

使い方は、ご自身で車両を解体業者に引き渡す際に、リサイクル券(A券〜C券の一枚)を渡して、解体業者から署名と捺印をしてもらい、B券とC券を返却してもらって下さい。

 

また、この『使用済み車引取証明書』は、永久抹消時に運輸支局で提出する書類ではありません。

『使用済自動車引取証明書』で末梢登録時に必要になる箇所は?

 

リサイクル券番号となる移動報告番号の記載が永久抹消登録時に必要になりますので、大切に保管しておいて下さい。

さらに、もう一つ、解体報告日が必要になります。
(B券の上部にある引取日ではなく、解体業者が車両の解体を完了した日付です。)

この解体報告日は、

  • 解体業者に直接連絡を入れてもらい教えてもらうか、
  • 自動車リサイクルシステムにアクセスし、『使用済み自動車処理状況検索の方をクリック』して、車体番号(下4桁)とリサイクル券番号(12桁)を入力すると表示されるようになっています。

自動車リサイクルシステムで処理状況を検索はこちら

永久抹消登録の際に、この解体報告日を運輸支局側がオンライン上で確認できないと、手続きが出来ませんので、事前に必ず解体されたかをご確認ください!

 

また、解体業者は、解体車両を引き取ってから3日以内に自動車リサイクルシステムに登録する義務が法令で定められております。
(引渡日から3日経過しても「使用済み自動車として登録されていません」と表示される場合は依頼した解体業者に処理状況をお尋ねください。)

 

最後に、もしこのB券(使用済み車引取証明書)を紛失してしまった場合は、解体業者から手書きでリサイクル券番号の写しをもらって下さい。

(リサイクル券は再発行できず、またリサイクル券番号(移動報告番号)はリサイクル券にしか記載されていない為です。)

 

紛失し番号が分からない!なんてことを防ぐためや、
業者に依頼後、ちゃんと廃車にされたの?かを確認したい方は、

手続き前や車両引き渡し前に、リサイクル券自体の写真を撮っておくか、コピーを一枚取っておく事もお勧めしています。

 

ご自身で手続きするよりも、全てお任せで廃車の専門業者の買取金額をとりあえずチェックしてみましょう!

高価買取も可能な今、おすすめの廃車買取業者ランキングを見てみる⇒⇒
(ご利用者の口コミから廃車専門の買取業者ランキングを決定!今月の1位を早速チェック!)

 

サイトマップ