車 売る 必要

車の売却時に必要な書類

車の寿命が伸び、買い替えのペースが下がっている昨今ですが、売る際に揃える書類も、一度経験したからといって、次回はほとんど覚えていないものです。

ほとんどの場合は、下取りをしてもらうディーラーさんや、買取業者さんに「これとこれを用意してください」と言われてから書類を揃えることがほとんどでしょうが、公的な証明書などは、その前についでがあれば取得しておきたいですよね。

・自動車検査証
いわゆる「車検証」です。紛失していないかぎりは、グローブボックスに入っていることがほとんどです。検査証に記載されている住所が現住所と違う場合には、住民票が必要になります。また、2回以上の住所変更を経ている場合には、戸籍の附票または住民票の除票が、結婚で姓が変わっている場合には、戸籍謄本が必要です。
・印鑑登録証明書
発行後1ヶ月以内のものが2通必要です。尚、軽自動車の場合には必要ありません。
・自賠責保険証明書
自賠責保険料は、通常は車検証と同じ場所に保管されています。
・自動車税納税証明書
直近の納付期限に納付した証明書が必要です。
・リサイクル券
廃車時に必要になる券です。車検証と同じ場所に保管されています。券の記載料金は返金してもらうべきですが、業者により異なります。(買取額に含まれるなど)

これらの必要なものを、車を買取ってもらう業者さんに持参し、譲渡証明書や委任状を作成することになりますが、実印による捺印が必要になります。

それぞれの書類は、紛失していることも稀にありますので、再発行の場合には早めに依頼し、買取りに影響がないようにしなければなりません。

多忙な日々の中で、こういった書類を揃え、とくに公的証明を取得することは大変ですが、最近では行政のサービスも進み、夜間や土日祝日でも証明書発行が受けられるサービスや、さらには一部の自治体では、全国のコンビニエンスストアで証明書が取得できるサービスもおこなわれていますので、こういったサービスを利用して、スムーズに売買への準備を進めたいものです。

topページへ

 

サイトマップ