仮ナンバーを取得するには?

車の仮ナンバー取得に必要なもの

本来は自動車は車検を受けて、その期間中は公道を走ることができますが、車検の期限が切れた状態になってしまった場合や登録を抹消している場合は、法律上公道を走らせることができないため、車検を受けられる整備工場、または国の出先機関である陸運支局まで、積載車と呼ばれる車に搭載されて移動するか、または牽引をしてもらう必要があり、単独では走行できません

 

まず、合法的に自走するためには臨時運行許可制度を利用して、いわゆる仮ナンバーを使用することで可能となります。

 

仮ナンバーには臨時運行ナンバーと回想用ナンバーの二種類があり、上記の場合は臨時運行ナンバーを使用します。

 

この場合用意するものがあり、車検の有効期限だけでなく、自賠責保険の有効期限も切れている場合は、改めて自賠責保険に加入する必要があります

仮ナンバーの取得には、

  • ・運転免許証、印鑑(認印でも可)
  • ・新たに加入した自賠責保険の原本
  • ・手数料(市町村により多少違いますが750円程度です)
  • ・自動車検査証が必要です。

ただし自動車検査証の代わりに、譲渡証明書、抹消登録証明書、などの書類でも代用できます

 

仮ナンバーの取得方法は以上ですが、車両を運転する際には、細心の注意を払いながら走行しなければなりません。

その理由として、長期間に渡って放置されていることが多い車の場合、ブレーキや回転を制御するアクセルなどが本来の操作性を損なっていることが多く、普段のままの感覚で運転していると、とっさのブレーキ操作が遅れることで、思わぬ事故につながることがあります。

 

さらにこの場合は、人身事故の場合は自賠責保険である程度は賠償できるにせよ、相手の車や物、自車に対する保険金は一切出ません

従ってかなりのリスクを伴う運搬方法であることを念頭においてください。

仮ナンバーの場合、任意保険の加入は不可としている会社が多いのが現状です。

そんなリスクを冒さず業者に高く売ろう!⇒

 

サイトマップ