車 廃車 委任状

委任状の様式ダウンロードや書き方・注意点について

抹消や名義変更などの自動車の登録をするときに、権限のある本人でない人がそれをするときには委任状等が必要になります。

廃車の為に抹消登録する場合も、本人でなければ必要になります。

用紙には一定の書式の物があり、

  1. 委任者の住所氏名、
  2. 委任した年月日、
  3. 委任した内容、
  4. 自動車の登録番号、
  5. 車台番号、
  6. 受任者の住所氏名

を書くようになっています。

書式はハッキリしていて自動車の登録以外には使えないようになっています。

 

ただしこの用紙でなければならないと用紙まで厳密に指定しているわけではないので、
売っている場所によって内容が同じでA4の同じサイズであっても多少違う場合があります。

また通常委任者を複数書けるようになっていますが、もちろん人数分別に用意してもかまいません。

用紙は陸運支局で売っていますが、最近はネット上にPDFなどで公開されているものがありますので、それをダウンロードしてA4サイズに印刷してもかまいません。

国土交通省での委任状ダウンロード
(記入例も記載されています。)

 

※永久抹消の場合(車を解体する場合)と、一時抹消の場合はダウンロードする書式が違うのでご注意ください。

一時抹消の場合は、上記のリンク先にある通常の委任状をダウンロードしましょう。

 

永久抹消の場合は、永久抹消にかかる委任状を選択し、また自動車登録番号(ナンバープレートの番号)と、車台番号(車種を識別する番号)が必要になります。

 

番号はどちらも、車検証に記載されているので確認して下さい。

 

住所氏名の署名は委任者本人にしてもらうようにします。

※委任者は使用者ではなく所有者なので注意が必要です。

 

通常使用者と所有者は一致していますが、ディーラーなどが所有者になっている場合は、ディーラーに書類を出してもらう必要があります。

この際、住所等の表記が印鑑証明書と一致するように気をつけます。

 

受任者は実際に手続きに行く人なので、とりあえず空欄にしておきます。

 

印鑑は普通乗用車の場合、所有者の実印を押します。(印鑑証明と同じもので捺印)

軽自動車の場合も同じですが、申請の用紙が少し違い、『申請依頼書』と言う書類になります。

内容は同じですが、印鑑は実印でなくてかまいません。認印を押してください。軽の場合は永久抹消と一時抹消で違いはありません。

※ディーラーや車買取店に廃車を依頼される方は、書類一式はそちらに用意してもらいましょう。

topページへ

 

サイトマップ