自分で廃車手続きをする方法

廃車手続きには1日もかかりません。

自分で廃車手続きを行う際に用意しなければならない書類はまず、『末梢登録申請書』が必要になります。

これは自動車の廃車手続きに必要な書類で、陸運局の用紙販売所で入手できます。

書き方については陸運局に書き方の見本がありますのでそれを見ながら記入していきます。

 

次に、『解体証明書』です。これは自動車を解体した際に自動車の解体業者が発行してくれる証明書です。

他に、手数料納付所・印鑑証明書・印鑑・ナンバープレート・車検証(自動車検査証)・住民票・委任状などを用意しなければなりません。

 

『手数料納付書』は自動車の廃車手の続きの際に用意しなければならない書類で、用紙販売所にて入手します。これも陸運局で記入する事が出来ます。

 

『印鑑証明』廃車する車の所有者の印鑑証明書(発行後3ヵ月以内)がいります。住民登録がある市役所で入手します。

 

『印鑑(実印)』本人(所有者)が自分で自動車の廃車手続きを行う際には実印が入用になります。

 

『ナンバープレート』解体を依頼した業者より、もらい受けます。廃車登録時に前後両方の2枚返還しなければいけません。

 

『車検証(自動車検査証)』自動車の廃車の手続きには必ず持っていかなければなりません。

 

『住民票』車検証に記載されている所有者の住所が印鑑証明書と異なる場合、住民票、又は戸籍謄本などで住所を証明するものの提出を求められます。

 

『委任状』代理人に自動車廃車手続きを行う際には必要となります。

 

このように、廃車の手続きへ向かう事前に揃えるものは、『解体証明書』『車検証』『印鑑証明』『印鑑』『ナンバープレート』『住民票または戸籍謄本』です。

 

残りの『末梢登録申請書(OCR第3号様式)』と『手数料納付書』は陸運局へ廃車手続きに行った際に入手し、記入する事が出来ますので事前日用意する必要はありません。

市役所や解体業者にて発行される書類が全部そろっている事を確認し、手続きを行います。

 

軽自動車は軽自動車検査協会にて手続きを行います(5ナンバーです)
また、軽は実印要らずで代わりに認め印を持参し、印鑑証明書も必要ではありません。

 

確認のため、車検証の所有者はあなた名義になっているのか確認されることをお勧めします。

たまに、ディーラー名義から変更されていない事があります。
その場合は車の所有者が違うを参考にして下さい。

topページへ

 

サイトマップ