普通自動車と軽自動車の末梢手続きの違いについて

廃車にするだけでも手続き方法は沢山あります。

軽自動車と普通乗用車の廃車の手続きは同じ車なので、
手続きも同じと思っている人もいると思いますが、色々と違う点が沢山あり手続きが異なっています。

まずは軽自動車からですが、

軽自動車を廃車する場合の手順は、3種類の方法があります。

全ての手続きは、各都道府県にある『軽自動車検査協会』で行います。

普通乗用車とは手続きを行う場所が異なりますので、ご注意ください。)

 

自動車検査証返納届けは一時的に自動車の使用を中止する手続きで、自動車を解体する必要がなく再び登録する事によって使用することが可能になる手続きです。

 

解体返納では、その自動車を二度と使用しない場合にはこの手続きになり、自動車は解体し、ナンバープレートを返却する事で指定業者による解体を完了したという証明になる解体証明が必要です。

 

解体届けでは、一時的に使用中止していた自動車を解体処理していた場合に行う手続きです。

 

軽自動車を廃車するには、このような種類の中から選ぶ事ができますが注意点として、自動車税の還付の制度がありませんので、4月に廃車の手続きを行うと1年分の軽自動車税を無駄に支払ってしまう事になりますので注意しましょう。

 

普通乗用車の廃車の手続きは2種類あり、永久抹消登録や一時抹消登録があります。

 

・普通乗用車の手続きの永久抹消登録の場合、解体業者に自動車を引き取ってもらい使用済自動車取引証明書を発行し、陸運局に必要書類とナンバープレートを提出し、登録抹消証明書を受け取り自動車税事務局で自動車税の手続きを行います。

 

・一時抹消登録では、陸運局に必要書類とナンバープレートを提出し一時抹消証明書を受け取り、自動車税事務局で自動車税の手続きをします。

 

普通乗用車の手続きの注意点は、費用や還付などを良く調べた上で手続きをするとスムーズにできますので、あらかじめ行う前にしっかりと調べて置くと良いでしょう。

また、廃車手続きを行ってしまえば、自動車税の納税義務は免れますが、いつまでも手続きを行わず放置しておくと、何年にもさかのぼってお支払いしなければいけない事にもなりますのでご注意ください。

この点は、各地方自治体によって違いがあります。

私の住む地域で問い合わせたところ、『基本的には全額お支払いいただくことになります。』との事、

ただ、電話口では基本的には・・という言葉を使用していたので、車検切れになったと同時に自動車税の保留や免除など救済措置があるのかもしれません。

廃車手続きを済ますには、納税証明書が必要になるのかどうかにも違いがあるため、お住まいを管轄する、区・市役所または税務署、もしくは陸運局までお尋ねください。

topページへ

 

サイトマップ