一時抹消手続きを踏んだ跡に、再登録する方法

一時抹消後にまた車で公道を走りたい。

病気や長期の出張などにより一時的に自家用車に乗らないため、一時抹消手続きを行うケースがありますが、一時抹消後再び自動車に乗るには再登録の手続きを行わなければなりません。

手続き方法としては、必要な書類を用意して、使用者の居住地の運輸局(普通自動車の場合)か軽自動車協会(軽自動車の場合)で車検を通し、登録手続きを行うという順になります。

まず、必要な書類ですが、

  • ・運輸局にて申請書(OCRシート第1号様式)
  • ・手数料納付書
  • ・定期点検整備記録簿
  • ・自動車検査票
  • ・一時抹消登録時と所有者が違う場合は譲渡証明書を入手します。

次に、自分自身で用意する書類ですが、

  • ・一時抹消登録証明書
  • ・自賠責証明書
  • ・自動車重量税納付書
  • ・発行1ヶ月以内の車庫証明書
  • ・発行3ヶ月以内の印鑑証明書及び印鑑になります。

もし、自動車の所有者と使用者が異なる場合は、

  • ・これらに加えて使用者の住民票か印鑑証明書
  • ・使用者の印鑑
  • ・使用者の委任状
  • ・発行1ヶ月以内の使用者の自動車保管場所証明書が必要になります。

これらを用意した後、運輸局に自動車を持ち込むのですが、一時抹消後は自動車は行動を走ることができないので、仮ナンバー取得が必要になります。

仮ナンバーの取得の申請には、

  • ・自賠責保険の証明書の原本
  • ・一時抹消登録証明書(コピー可)
  • ・免許証
  • ・印鑑(認印可)
  • ・仮ナンバー取得費用(750円前後)を用意します。

1週間以内に仮ナンバーは交付されるので、交付後運輸局へ自動車を持ち込みます。

申込書とと検査費用を提出し、車検に合格すれば定期点検整備記録簿と自動車検査票が発行されます。

その後『中古車新規登録の手続き』を行います。

提出書類に不備がなければナンバープレートが発行され、公道を走ることができるようになります。

topページへ

 

サイトマップ