引越し後に廃車

引越し後に廃車にする事になった場合の手続き

都市部を除き国内殆どの地域で車の需要があります。
引越し後、車の買い替えや購入等で廃車する場合、必要書類はどんな物があるでしょうか。


必ず必要なのが自動車検査証、通常車検証と本人が特定出来る免許証や住民票等です。


引越し後は、都道府県をまたがる場合、以前住んでいた地域の証明となる3カ月以内に発行された、戸籍謄本等が1通必要になります。

本当に本人が続けて乗っていた車であるかを証明する為です。


もし廃車時に車の所有者が本人でなく、信販会社だったり、ローン会社の場合、譲渡証明書廃車に当たる委任状が必須です。


軽自動車の場合は不要ですが、普通自動車は実印が必要で、3カ月以内に発行された印鑑証明も2~3通必要になります。


上記のように、廃車には様々な書類が必要で更に運輸局への手続き等も含めると相当な労力が掛かります。


仕事をしながら手続きをスムーズに完了させる事は、運輸局の関係上、平日の休みが取れない限り不可能に近いので、専門の車業者に依頼する人が殆どです。


手数料として幾らかは請求されますが、手間暇及び落ち度のない完璧な処分を考えると決して高くはありません。


手続きに不備があった場合は不法投棄になりますので、個人で処分される方は上記を踏まえてくれぐれも慎重に正しく行ってください。


近年は全てが粗大ごみになるのではなく、タイヤは専門の解体業者、内部のエンジン等も解体し、リサイクルされています。


環境の為にも正しい処分がリサイクルの第一歩でもあります。
責任を持って最後まで取扱いましょう。


不明な点がありましたら、運輸局に問い合わせをすると専門の窓口が親身になって対応してくれます。
ある程度の知識を踏まえた上で問い合わせをするとスムーズです。


また、関連ページとして、引越し後の廃車手続きには転入抹消という方法もあります。


 

サイトマップ