自賠責保険

自賠責保険はどんな場合に支払われるの?

車検の際に支払う自賠責保険の目的は、人が自動車やバイク原動機付き自転車における事故により死傷した場合の保護と救済です。

そのため人以外の物の損失には適用されません。

被害者保護のための公的な要素が強く、補償は必要最小限、保険請求を迅速に処理するため、支払基準は定型で定額化されているのが特徴です。

過失の大小に関わらず、怪我を負った人が保険の対象者となります。


つまり御自分に100パーセント過失があっても御自分がケガをした場合、被害者は御自分となります。



但し、被害者に重大な過失が認められた場合は、その過失度合いによっていくらか減額される場合があります。

怪我に対する損害の支払い限度額は120万円です。

その内容は、治療費、看護費、入院中の雑費、通院のための交通費、義肢や松葉杖の費用、診断書や文書の作成費、仕事の休業による損害費、慰謝料などです。

後遺障害による限度額は4000万円ですが等級により変わります。
又、別に慰謝料も1600万円を限度として等級により支払われます。
死亡による保障は3000万円が限度額ですが、だれでも3000万円支払われるわけではありません。


決められた額(60万円)の葬儀費用、過失利益(被害者の方が生きていれば得られたであろう収入から、本人のかかったであろう生活費を差し引いたもの)、本人への慰謝料(350万円)、残された御家族への慰謝料が算出されます。


残された御家族がお一人の場合は550万円、お2人だと100万円プラス、3人なら更に100万円がプラスされて額が増えていきます。


家族内に被扶養者が居る場合は200万円が上乗せされます。

自賠責保険は自動車やバイク、原動機付き自転車を所有する人に加入が法律で義務付けられている保険です。

強制的に保険料を徴収するため、車検を通す時に必ず保険料を支払う仕組みになっています。


ちなみに2年車検の場合に支払う金額は、
・普通乗用車
24か月27840円25カ月28780円
・軽自動車
24か月26370円25カ月27240円
となっています。


廃車にする場合は、自賠責保険も還付の対象なので、申請をお忘れなく。


 


topページへ

 

サイトマップ