車廃車の任意保険

任意保険の還付金と中断証明書の発行も忘れずに

所有している自動車を廃車にする場合では、いくつかの還付金を得ることができます。

例えば自賠責保険や自動車税などについても概ね一か月以上の有効期限を残している場合では還付の対象となります。

その他には、いわゆる任意保険もあります。

これは自賠責保険で不足している内容をカバーするために加入することの多い保険として知られていますが、自動車を公道で走行させるためには、万が一の事故に備える意味でも必要とされている保険になります。


この保険に関しても還付金を受けることができ、その際には、利用者の今後の目的によって大まかには二通りに分けることができます。

まずは自動車を廃棄して、今後も自動車を所有する予定の無いという方の場合では、完全に解約することになります。

基本的には一年単位で加入することの多い保険になるために、そのまま忘れてしまい手続きを行わない方もいますが、各保険会社によっても異なる部分はありますが、多くのケースで手続きを行うことによって還付されることになります。


手続きで必要とされている書類などでは、印鑑証明や自賠責証明書、標識返納証明書、そして返金を受けるための銀行口座などが必要になります。


また、廃車を行った方の場合でも今後について再び自動車を所有することを考えている方の場合では、中断という形式を選択することがおすすめになり、その際には中断証明書を発行してもらうことが必要になります。


任意加入の保険の場合では、新規に加入した場合では、それまでの等級や無事故歴などがクリアされてしまう可能性もあります。

そのため、中断という形式にすることによって、再度自動車保険に加入する場合では、同じ等級を引き継げるなど優遇制度を受けることができお得になります。

topページへ

 

サイトマップ