車のリサイクル料金

車購入時に発生するリサイクル料金ってなんなの?

平成17年1月1日から、自動車リサイクル法が施行され、リサイクル料金を支払っていない場合には、永久抹消登録を行うことができなくなりました。

一時抹消登録の場合はリサイクル料金を支払う必要はありませんが、解体届けの手続きをする場合にはリサイクル料金を支払わなければなりません。


リサイクルの料金は、新しくクルマを購入した時、車検時、永久抹消登録時に支払わなければなりません。


リサイクル料金は最終的に永久抹消登録するクルマの所有者が負担しなければならず、
新しく購入した時点で料金を支払い、もし売却するときに、資金管理料金を除いたリサイクルの料金に相当する金額が返却されます。



解体する場合に、カーエアコンのフロンガスやエアバッグ、クルマの解体・破砕後に残る廃棄物であるシュレッターダストなどが発生します。

これらを処理するには多額の費用がかかり、解体業者による不法投棄や不法埋め立てが行われ、環境を汚染する社会問題になりました。

そのため、メーカーがリサイクルや適正な処理を行うために、処分にかかる料金を法律により所有者に負担させることになったのです。


料金がかかる対象は、普通、小型、軽、大型、特殊、ナンバープレートがついていない私有地限定で使用されているものがあり、
原付や大型特殊、小型特殊、農業機械、林業機械、スノーモービルなどは対象外です。


料金は、自治体の許可を得ている業者に支払い、解体業者などを通じて、自動車リサイクル促進センターに料金が収められます。

かかる料金は、メーカーなどによって異なりますが、軽なら約8000円、普通は約10000円、輸入車は約20000円ほどになります。


また、リサイクルの料金の管理に必要な費用として「資金管理料金」、廃車の引き取り・引き渡しの情報管理に必要な費用「情報管理料金」が必要になります。

まとめますと、リサイクル料金は、車の売却時には買主側から戻してもらえ、車の廃車時には戻ってこない料金です。


topページへ


 

サイトマップ