ローン中の車を処分するには

車が大破した場合は、特例措置で廃車にする事も可能

車をローンで購入する人は多いと思いますが、ローンがまだ残っている状態で廃車にすることはできるのでしょうか。

たとえば、事故を起こしてしまい、廃車にせざるを得なくなるケースは少なくありません。

このような場合、まず確認してほしいのが、車の所有者名義がどなたになっているかです。

もし、車の所有者名義が本人になっていたならば、ローンの残債があっても、特にローン会社に対して必要な手続きはなく、自由に廃車にすることができます。


しかし、車の所有者名義が本人ではなく、販売店やクレジット会社名義になっている場合は、勝手に廃車にすることができません。

一般的には、ローンで車を購入した場合は、販売店やクレジット会社の名義になっています。


つまり、所有権留保という形で登録されているわけです。


このような場合には、所有権留保の解除手続をしてもらう必要があります。


これは廃車だけでなく、売却や名義変更などを行う場合も同様です。


では、どのような手続きを通して、所有権留保の解除手続をしてもらうことができるのでしょうか。


まずすべきことは、残っている残債をすべて精算する必要があります。

残債を精算すると、「完済証明書」が発行され、

これが所有権留保の解除の承諾書となり必要な手続きが完了します。


ただ特例措置もあります。

それは大きな事故や故障などにより、継続してその車を所有し続けるのが困難と判断できる場合や、
修理するのは車両価値を考慮すると割に合わないと判断されたりした場合は、

特例として残債を一括返済することなしに、所有権解除が承諾されることもあります。

もちろん、ローンの残りは継続しての支払い義務がありますが、
まずは販売店やローン会社に所有権解除が可能かどうか相談してみると良いでしょう。

topページへ

 

サイトマップ