商用車の末梢登録

商用車でも、買取から手続き方法まで普通車となんら変わりはありません。

会社で営業車などとして使用されている自動車があります。

 

いわゆる商用車として活用されている車両になりますが、一般的に多い傾向としてはリースで借りているものが主流になります。

 

しかし、自社所有として営業車を購入し、所有していた場合では、経年劣化などによって故障などが増えてしまった場合や、

事業を縮小して営業車の数を減らすことを希望している場合などで、不要となる車両を持っている場合では、廃車の手続きを行うことが必要になります。

 

 

同じディーラーで再び新車購入などを行う場合では、そのままディーラーで下取りに出すという方法もありますが、車両の状態によっては下取り価格が付かないケースも見られます。

 

 

特に営業車の場合では過走行車となっている場合も多く、走行距離数が多いために価値が無いと判断されてしまうケースも多く見受けられます。

 

そんな時には中古車を専門に買取りを行っている業者に依頼をすることが良い方法になります。

 

 

専門業者の場合では、最低保証価格というものを設定しているケースが多く、少しでも売却資金を作ることは不可能ではありません。

 

 

また、一般的にマイカーとして使用されている車両と同様に、営業車の場合でも売却するための手順には大きな違いはありません。

 

 

必要としている書類では、

自動車検査証と自動車税の納付書、印鑑証明書と同時に使用されている実印も必要としています。

他にはリサイクル券やナンバープレート、抹消登録申請書などが必要とされていますが、

 

 

業者に依頼をした場合では、必要書類については一部は代行して頂くことができ、煩雑な作業を必要とせずに利用することが可能になります。

 

 

営業車であっても各種税金に関しても一般的な車両と同様に還付されることになるために、還付のための手続きを行うことも必要になります。

 

サイトマップ