廃車 自動車税

登録を抹消することで支払い義務が免除される自動車税

 

自動車税は、廃車手続きを済ます月までの支払い義務があります

 

廃車手続きとは、一時抹消、永久抹消という車の登録を抹消する手続きの事です。

 

税金の差し止めを行う為には、最寄りの陸運局(軽の場合は自動車検査協会)にて

・一時的に車に乗らない時のための登録『一時抹消』

・もしくは車を解体して二度と公道を走らない為の手続き『永久抹消』

という手続きを行わなければいけません。

 

車税は、自動車を所有している方に支払いが義務化されており、毎年4月から翌年の3月まで有効とされている内容になるために、

廃車を予定している事とは関係無しに支払うことが必要で、また手続き上、税金の支払い明細を所有していることが求められています。

 

新たに車検を受ける場合でも同様の扱いになります。

 

疑問になるのは自動車を車検に通すことなく放置したままの状態を続けており、急に廃車にしようと考えた方の場合についてです。

 

このケースでは車税の納付書が毎年各自治体によって送付されてくることになりますが、車検を通さなかった年を境にして納付することが保留扱いなるケースも見られます。

 

この場合では、基本的には支払い義務は生じないことにはなりますが、各自治体によって扱い方法が若干変動している部分もあり、中には督促状が送付されてくるという事例も存在しています。

 

地方税のため、各自治体によって違いがあるというのがややこしい原因なのですが、

まとめますと、

放置車両の廃車時の自動車税の扱い
・ケース1、車検切れと同時に自動車税が保留扱いの自治体の場合

放置分は含まずに、車検が切れた年までの分の車税を一旦支払い(未納分があるならば)、抹消手続きを行った翌月からの有効月数分の還付金を返還してもらうという方法になります。(保留分の車税は消滅)

・ケース2、車検切れでも、自動車税が保留扱いにならない自治体の場合

乗る乗らない(車検切れ)関係なしに車税が請求されるため、廃車や売却など次のステップの手続きに進む場合には、放置分を含む今までの滞納車税を支払わなければいけない可能性があります。(保留分の車税は消滅しない)

(対応が違う為、詳しくはお住まいの地域を管轄する税務署に問い合わせた方が早く済みます。)

よって、もう乗らないのであれば、買取店に売り渡すか自分で登録抹消手続きを行って自動車税の支払い差し止めを行わなければいけません。

どのような場合でも自動車を抹消し、廃車にすることを希望している方の場合では、廃車手続きを優先させましょう。

長年にわたって車税を納付していない場合では、抹消後も督促状が送付されることもあるために、条件に合わせて支払いを済ませることがおすすめになります。

手続き一式は業者に任せて、もっとも高く買い取るとこを探す!⇒⇒ さらに

 

サイトマップ