相続放棄 廃車

全く価値の無い車でも、相続放棄をすると処分できないの?

親や兄弟などの相続に関して、一般的には親族の場合では財産については相続権を持っていることが一般的になり、例えば親がご逝去した際には、相続によって適切に財産分与が行われています。

 

しかし、中には生前に借金などを多く残しており、保有している資産よりも借金の方が多い場合では、いわゆる相続放棄を行うケースも見られます。その際には司法書士などに相談を行って、全ての管理を任せることも行われています。

 

例えば自動車を所有していて、尚且つ多額の借金を残している方の場合では、相続を放棄することによって自動車の所有権は変わることになります。

 

 

自動車にローンが残っているケースでは、車検証などに記載されている所有者の項目によって、例えばローン会社や自動車ディーラーに所有権が移ることになるために、廃車にする場合では、各関係者が担当することになり、手続きはスムーズに済ませることができます。

 

 

しかし、ローンを完済している場合では、相続を放棄することによって、家族などは廃車にすることが困難になるケースがあります。この場面では、当然ながら全ての資産を放棄することになるために、一定の価値を持っている自動車に対しても全ての権利を放棄する形になります。

 

つまりは、資産とみなされるものは相続放棄をした場合勝手に処分できません。

 

ところが、一つの見解としては、自動車に全くの価値が無いというケースでは資産に相当しないという理由を持って、自由に処分を行うことも不可能では無いという見方もあります。

 

 

この場合では司法書士と十分に相談した上で決定することが何よりですが、例えば少しの金品も必要無しと考えている方の場合では、無料で中古車を引き取っている業者などに問い合わせを行って、売却することなく完全に無料で手放すという方法が良い行動ともなります。

 

topページへ

 

サイトマップ