車の名義人が死亡

被相続人の車を相続人が廃車にするにはどうやるの?

故人が使用していた車の廃車手続きは遺族が行うことができます。

 

相続した時点で名義を変更していれば通常の廃車手続きは可能です。

 

しかし、事実上の相続だけで名義は変更していない場合

 

廃車手続きの際には登録上の名義人が死亡していることを証明しつつ、相続した方が代理で書類を作成すれば手続きを進めることができます。

 

つまり、一旦名義を書き換えるなどの手順を踏まなくても廃車を行うことができるということになります。

 

手順としては故人の財産を相続することができる遺族の方全員分の実印登録を行うところからはじまります。

 

登録した実印は遺産分割協議書という書類に捺印します。

 

その書類をもって代表の方ひとりが相続したということになり、
その方の手続きで廃車処理に進むことが可能になります。

 

この遺産分割協議書は通常の廃車書類に添付することになります。

 

この先は相続した方が印鑑証明、委任状など、本来の名義人が提出するはずの書類を用意することになります。

 

 

もうひとつ用意しなければいけないのは、前所有者、つまり故人が亡くなったという証明です。

 

これは戸籍謄本になります。

 

廃棄を前提とした永久抹消の際も、再利用することを前提にした一時抹消の場合も基本的に手続きは変わらず、

 

陸運局、もしくは廃車を請け負う事業者に対して提出する書類です。

 

謄本などは役所で受け取ることになります。

 

遺産分割協議書に関してはサンプルがインターネットなどで配布されていますし、廃車請負の事業者から受け取ることも可能です。

 

サイトマップ