下取り価格が0円だから廃車とはなりません。

下取り価格がゼロ=廃車ではありません。

たとえ価値が0円のような不人気車でも、

ディーラーでは下取り価格を10万円ぐらいにしておき、購入車の値下げ分を減らすという方法が多いのですが、

それすらも無かったという事はギリギリまで値引きをさせ過ぎたか、他メーカー車の下取りだった場合でしょう。

(ディーラーでも自社製品の下取りの場合にはメーカーから奨励金が出る場合があります。)

 

 

下取りした不人気車の行先はディーラーでは解体業者に引き渡しそのまま廃車にするか、程度が良ければ代車として利用されます。

 

また、人気の無い車でもカーオークションでの取引は実際に行われていますし、違う営業所で販売する事もあります。

 

つまりは、ディーラーに0円と言われたからといって廃車しか方法が無い訳ではありません。

 

ディーラーでは、中古車を販売する事業を主としているため、市場で売れない車に価値を付ける訳には行きません。

 

要はその車の売却先や利益を上げる方法、販促ルートの確保が出来る業者を見つければ良いだけの話です。

 

 

そもそも、0円と分かっているのであれば、無理にディーラーで下取りをお願いする必要はありません。

 

 

そんな車でも欲しいという業者は一括査定を利用すれば出てくるケースが実際にはあります。

 

中古車屋でも、得意分野と不得意分野がありますし、

全ての車種やグレード、人気色から人気車種を完全に把握している訳ではありません。

 

 

その車の価値が分かる業者を見つけて売却すれば良い訳の事ですから、下取りが0円だからといって廃車となる図式にはなりません。

 

しかし、一括査定を駆使してもどこも0円査定であれば、ここは素直に廃車にした方が無難です。

 

この場合では、ディーラーにそのまま引き取ってもらうのも良し、また廃車買取・解体業者であれば買取額を付けてもらう事も可能です。

 

 

ただし、解体時に得られる鉄やアルミ、再利用価値のある部品の買取額は業者により異なりますし、移転抹消という名義変更と同時に抹消手続きを行い還付金を懐に入れてしまう事も可能なので、廃車専門の業者選びは重要です。

 

廃車市場は盛んになってきており買取業者数が増えつつありますが厳選のおすすめは3社のみです。

廃車買取専門業者の口コミ

全て全国に対応しており手続き代行費用が無料、還付金の返金やレッカー費や引取手数料が無料にも対応可、場合によっては車両に価値を付けてくれる専門業者です。
 

サイトマップ