手続きにかかる期間ってどれぐらい?

廃車依頼後にすぐ手続きが完了する訳ではありません。

車の廃車はすぐに終わるとは限りません。

 

自分で手続きをする場合はもちろんですが、業者に依頼する場合も少々時間がかかります。

 

注意しておきたいのは、業者によって必要な期間が異なる点です。

 

引き取りから証明書の発行まで1週間ほどで終わる業者もありますが、解体が必要な永久抹消の場合は、逆に1ヶ月近く待たされる場合もあります。

 

どれくらいの日数がかかるか事前に聞いておかないと、

 

自賠責保険や自動車税の還付にも関わることになり、自動車税などは月割りで計算されているため、数日ずれると還付金が減ることもあるので注意しましょう。

 

業者に依頼する場合、まず連絡をして車を引き取りにきてもらう作業から始まります。

 

その後に業者が車を解体し、そこから廃車の手続きへと進みます。

 

業者によって一番対応スピードが分かれる段階です。

 

自動車税の切り替わる月末や3月頃は業者も申し込みが殺到しています。

 

4月1日までに登録の抹消、または名義変更が完了していないと自動車税が課税されてしまいます。

 

普段より時間がかかる場合も珍しくないため、依頼する前には問い合わせる必要があります。

 

しかし、所有者が自分で、かつ一時抹消登録の場合は、1日で手続きを完了させることも可能です。

 

役所に印鑑証明書を発行してもらい、必要書類を用意すれば手続きできます。

 

永久抹消登録の場合は車体の解体が必要になるため、自分で手続きする場合でも最低数日は見積もっておくことが重要です。

 

車の引き渡しと解体に最短で1日、手続きに1日は必要です。

 

土日祝(平日は午後5時まで)しか窓口が開いていないので、土日を挟む場合は手続きに必要な時間が増えてしまいます。

 

topページへ

 

 

サイトマップ