ナンバープレートを紛失した場合

ナンバープレートの再発行手続き

自動車を廃車したい場合に、ナンバープレートがない場合があります。

・第一のケースとしてはナンバーを外す前にそのまま自動車ごとスクラップにしてしまった場合。

(この場合すでにスクラップになっているため、陸運局へのナンバーの返還自体が出来なくなりますが、廃車にすることは可能です。(弁償金として数百円程度必要になる場合があります。)

手続きはすでに自動車自体がないわけですから、永久抹消登録の選択になります。

 

・また、別のケースとして自動車などが盗難によりこのナンバー自体を返還ができない場合。

・その他車の紛失などにより抹消登録をしたい場合。

上述のケースでは何故ナンバーの返還ができないのかなどの『理由書』を添付すれば廃車にする事が可能です。

(その他の廃車時に必要になる書類についてはこちらから

 

また、

盗難の場合には軽自動車や普通自動車の場合では、バイクも同様に警察に届け出ることを必要としていて、その際には関係書類に署名することを求められています。

 

再発行する場合は、警察に届け出を出した際に受理番号を受け取り、その後運輸支局に出向き手続きを行いますが、手数料含む代金として2000円程度を必要としています。

ちなみに、盗難によってプレートを紛失してしまった場合では、再発行時の手数料などがかからないケースも見られるために、各自治体で確認することが必要になります。

 

また、原則返納ではあるものの、廃車にするのであれば再発行の必要はありませんが、仮に再発行する場合の必要書類は、

  • ・申請書(陸運局の窓口、軽は軽自動車検査協会でもらえます)
  • ・自動車検査証
  • ・理由書
  • ・自動車税申告書
  • ・印鑑

以上が必要になり、本人以外が申請する場合では、委任状も合わせて用意することが必要になります。

 

再交付時には、軽自動車の場合では封印する作業を必要としていないために、車両を持ち込む必要がありませんが、
普通自動車の場合では、必ず自動車を持ち込みする必要があります。

 

しかし、プレートが無い状態では公道を走行させることができないために、レッカーなどを利用することも良い手段となりますが、仮ナンバーを取得して運輸支局まで向かうという方法も用意されています。

どうして、廃車でも売れるのか⇒

 

 

サイトマップ