車の処分時に戸籍妙本が必要になる場合

廃車の際に必要になる書類と、戸籍妙本が必要になるケース

 

通常の場合廃車するときに買取業者から求められる書類は、車検証、印鑑証明と委任状、譲渡書、それに自動車税の納税証明書です。

 

しかし、これ以外に書類を求められることがあります。

それは車検証の内容と印鑑証明の内容が一致していない時です。

この場合、同一人物であると証明する書類が必要になります。

 

良くあるのは転居で現住所が変わってしまっている場合です。

この場合は車検証の住所と現在の住所のつながりが分かる公的な書類が必要となります。

一般的には住民票の写しで前住所が載っているものを発行してもらえば大丈夫です。

 

では戸籍抄本が必要になるのはどういうときなのでしょうか。

それは氏名が変わっている場合です。

この場合住民票には変更前の氏名は載っていませんので、戸籍が必要になるのです。

 

氏名が変わることは結婚、あるいは離婚によることが多いのですが、養子縁組などで変わる場合もあります。

いずれも住民票などでは確認できません。

まれに結婚、離婚を繰り返して何度も氏名が変わっている場合もありますが、その場合抄本では不十分で謄本が必要になることもあります。

 

また住所が変わっている場合でも、二回以上転居していると、住民票では前住所の除籍表を出してもらわなくてはいけなかったり、複数になることがあり、その場合は戸籍の附表で住所の関連を証明する場合もあります。

 

この場合一枚で住みますが住民票と違って本籍地でないと発行できませんし、本人で申請するか委任状を作ってもらうかしないといけないのでその点も注意が必要です。

手続きは業者に任せて、高価買取の業者探しに時間を使おう!⇒

 

サイトマップ