確実に車を再利用できないようにするには?

廃車依頼のはずが店頭にて売却されていた。とならないために

車を廃車にするという約束であったにも関わらず、別ルートで売却されたり、代車として利用されるという疑念を持つ方も少なくありません。

車手続きは普段新車を買ったついでにとか、乗らなくなった車、事故で乗れなくなった車などの時にすると思います。

 

個人的に何度か手続きの場にいたことがあります。書類にサインと判子を押して終わりという流れで口約束で終わるということはありません。

もしそういう書類がなければ業者さんに要求するほうが良いでしょう。

 

・その後売却されたりそのまま乗り回されない事を防ぐには、まずそうならないように書類に目を通す。

・そしてその中に廃車にならない文面があれば書き足す、その控えをもらう。

などが一般的でしょうか。

その他できることは廃車後の流れを聞いてその場所や車の現物を確認することも出来ると思います。

 

業者は車の登録や廃車手続きを陸運局にて数日中に行うので手続きに使う陸運局を聞き、確認することも出来るでしょう。

 

もし事故でフレーム等がゆがんだりと直すほうが高くつく場合はさほど考えなくても良いと思いますが、外的に何も損傷がなく、乗る分には全く問題ないものでしたら廃車後手続き後に持っていく施設があると思うのでそこまで一緒に行き、解体される状況を見届けることも1つの方法でしょう。

 

あと、その施設での廃車作業を見届けられないのなら記念に鍵を廃車後にもらうという契約にするといいかもしれません。

特に外国の車は鍵を作り直すのにかなりの時間がかかるものも多いです。そんな点も利用できるかもしれません。

 

後はどうせ廃車になるのだからと鍵穴を全部つぶすこともできます。

鍵をかける必要はなくなるのですからおもいっきり出来ます。エアバックを作動させるのもよいでしょう。

 

とにかく直すことをためらう形にすれば問題なく廃車になっていくと思います。

最後に大事に乗っていた車を傷つけるのはためらうかもしれませんが最後まで使い切るという気持ちでそこまで楽しんでも良いでしょう。

 

車は登録上は財産になります。移転登録してしまうと口出しが出来なくなるため、廃車にする契約なのか、売却なのか契約書の確認は忘れずに行いましょう。

そこまでちゃんと廃車になるのか気になるのであれば、買取可能なお店を見つけた方が良いでしょう。

 

サイトマップ