オンボロ車でも買い取れる理由について

車の部品が劣化してしまう前に買い取り可能なお店を見つけよう。

事故で修理できないほど壊れてしまった車でも、
自動車の解体業者ならそんな使用済となってしまった車の買取をしています。

廃車同然の車でも買取できる理由は車には様々な部品や素材が使われており、
自動車の解体業者ではそんな車から、

  • ・フロントバンパーやシート、
  • ・フロントウィンドウ、
  • ・ヘッドランプ、
  • ・テールランプ、
  • ・セルモーター、
  • ・ラジエーター、
  • ・オートマチックトランスミッション、
  • ・ドライブシャフト、
  • ・ターボチャージャーなどなど使える部品や、
  • 部品として使えないときは鉄や銅、アルミ、レアアースなどの素材に徹底的に分別しています。

 

日本では利用されなくなったような中古部品でも、発展途上国では人気が高く高値で取引されることがあります。素材も資源価格の高騰で高値が付くことが多いです。

廃車でもリサイクルすることで、このように利用価値が生まれるのです。

 

最近では自動車リサイクル法で適正に処理された車のリサイクル率は99%と言われています。

適正に処理できる業者ほど高く売れる可能性が高いです。

ご依頼されるときはホームページでどういった処理をしているかチェックしましょう。

 

事故を起こした車はガラスが割れていたり凹みがあることが多いので、そのまま外に置いたままだと雨水が侵入し、使える電装部品などが使えなくなる恐れがあります。

鉄などの金属が錆びてしまう恐れもあります。

自動車の解体業者に高く売りたいときは雨水に濡れない場所に移動するか、移動が困難でしたら、シートをかぶせておくと良いです。

ご自身で廃車しようとすると手間も費用もかかるので、業者にお任せしたほうがお得です。

自宅に来てくれて引き取り手数料無料で持って行ってくれるので楽々です。

事故現場から動かせない車もそこから引き取ってもらえます。

topページへ

 

サイトマップ