使用済み引取証明書

廃車を依頼したら、使用済み車引取証明書をもらうようにして下さい。

 

不要になった自動車を、特に再販するために下取りに出すわけではなく、処分する目的で業者に引き渡した際に受け取ることになるのが、『使用済み車引取証明書』です。

 

この時、処分するために最終的に所有権があったオーナーを最終所有者といいます。

 

中古車として再販してもらう目的で、車を売却する際は最終所有者とはなりません。

 

そのため使用済み車引取証明書を受け取ることはできません。

所有者は自身の車を廃棄するか再利用するかを選択することができ、廃棄すると決めた方が受け取る書類です。

 

廃車を決めた最終所有者は自動車税の還付を受け取ることになります。

 

そのため、廃車代行業者に処分を委託する場合は必ずこの書類を受け取るようにする必要があります。

 

万が一使用済み車引取証明書を発行してくれない場合、最終所有者がその引き取り業者にすり替わってしまい、還付金がそちらに支払われてしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

使用済み車引取証明書は、自動車リサイクル券の下半分です。

 

 

廃車手続きには原則として自動車リサイクル券が必要で、廃車手続きの際、事業者からナンバープレートと共に受け取ることになります。

 

 

基本的に再発行はできず、管理番号によって廃車処理の車の進捗情報などを得ることができます。

 

また、廃棄処理が確定した日付に基づいて税金の還付金額が確定することになります。

 

最終オーナーとして必ず目にするはずの書類であり、確実に廃車になった証にもなる書類です。

 

サイトマップ