廃車手続きを依頼したが、譲渡証明書が必要と言われる理由

譲渡証明書が必要になるのは名義変更をする場合のみ

廃車をする場合、

  • ・事故などで車が完全に壊れた場合は永久抹消登録、
  • ・一時的に自動車を使わないために登録を抹消したい場合は一時抹消登録、
  • ・一時抹消登録を済ませたあとに解体した場合に解体届出があります。

 

通常、自分で廃車、つまり自動車の登録抹消手続きを行うときなどには譲渡証明書は必要ありません。

しかし、ディーラーに依頼する場合は、委任状はじめ書類が必要ですが、譲渡証明書を求められることがあります。

譲渡証明書が必要になるのは、所有権を移す場合です。(名義変更)

 

これに伴って、中古車として販売する事や、同業者に売却する事、もしくは代車として利用することも考えられます。
(この場合は廃車では無く買取りとなり、車両価値+リサイクル料金を返還してもらわなければいけません。)

 

仮に、廃車手続き手数料を頂戴し、上記のような扱いをされては問題ですし、 廃車による還付金の事もありますので、手続きが完了した証明書を出してもらう必要があります。
証明書とは:(使用済み車引取証明書:リサイクル券B券)

 

その他の理由としては、前述のように廃車をするときは各県の陸運局にて行いますが、各県ではその県内のナンバープレートのみの扱いになります。

 

(たとえば、東京都内のナンバーを付けた車を大阪の廃車買取専門の業者が廃車を行う場合には、譲渡証明書が必ず必要になります。)

 

このため手続き上の都合で、所有権を移転してから廃車するので譲渡証明書が必要だという場合もあります。(移転抹消)

 

移転抹消を行えば、廃車手続きと同時に名義変更も行われ、還付金の振込先が業者になります。その為、有効月数分の還付金を返金してもらえるか事前に確認します。

 

どうして、廃車にするのに譲渡証明書が必要になるんだと疑問を持たれる方も多く、それは業者側の説明不足であり、 さらには、実際には売却されていたという方のアクセスも御座います。

 

もし、ご依頼後に、ご自身で廃車されたか調べるには、自動車リサイクルシステムにて使用済み自動車として処理されたか調べる、もしくは陸運局にて登録証明の請求になります。

車検証記載の車台番号・車両番号、またリサイクル券記載のリサイクル番号が必要になるため、事前にメモするかコピーが必要です。)

 

また、廃車を依頼した場合には委任状が必要になる為、そちらのコピーをもらっておく方法も併せてお勧めします。
(※永久抹消登録申請の委任状かの確認は必要になります。)

 

topページへ

 

サイトマップ