車の処分にかかる費用の大まかな目安

廃車にかかる費用っていくらぐらい?

廃車の手続きの際には、関連する書類の提出に合わせて、自動車を解体する作業を行います。

自動車の解体というのは、個人で簡単に行うことはできない特殊な作業なので、業者に依頼しなければなりません。

業者によって、かかる費用は違っていますが、一定の相場があるので、きちんと把握しておくことが大切です。

 

・まず、車体の引き取りにかかるのは一般的に1万円前後です。(自走不可の場合のみ)

また、自動車についてはリサイクル料金が必要になりますが、購入した時点で支払っている人の場合、リサイクル料金は不要です。

業者に自動車を引き渡す際に、リサイクル料金についても確認することが大切です。

 

・車体の解体作業も、1万円前後で行ってもらえるのが一般的です。

特殊な作業を必要とする場合は、別途料金が発生するので、業者との交渉が必要です。

 

・さらに、各種手続きを行う際の書類作成の代金も支払う必要があります。

書類作成にかかる代金は、1万円前後となっている業者が多いです。

 

リサイクル料金を支払う必要がない場合、車体引き取り、車体解体、書類作成作業で、合計2万円〜3万円ほどというのが一般的です。

 

また、
業者に作業を依頼する場合、気をつけなければならない点があります。

それは、業者によって支払うべき金額が異なってくるという点です。

事前に、世間一般の相場を調べておくことが望ましいのですが、自動車の解体作業というのは、一般の人にとっては馴染みの無いものなので、相場を調べずに業者のところに行く人が大半です。

 

最初に訪れた業者のところで、最終的に依頼するのであれば問題は発生しません。

ところが、別の業者の方が安く済ませられることを知って、業者を変更する場合には、トラブルになる可能性があります。

最終的な契約まで締結していた場合、他社の方が安い費用で済むからといって、簡単に業者を変更することは認められません。

 

大げさではありますが、債務不履行として、訴訟問題に発展する可能性もあります。(車を業者が保管していた場合など)

ただ、契約まで進んでいない交渉の段階であれば、比較的業者の変更は認められやすくなります。

いずれにしても、途中で変更せずに済むように、情報を集めておくことが大切です。

廃車の手続きに無駄なお金をかけずとも、買取業者を見つける方法はトップページを参考にして下さい。

 

サイトマップ