車を処分してしまう理由

廃車にされていく車の特徴とは?

一般的に自動車が廃車となる原因には、

 

・経年廃車

・余剰廃車

・事故廃車

 

が挙げられます。

 

 

経年廃車は時間がたつにつれて車両の各パーツが寿命を迎えていったり、

車載システムのトラブルや故障、天災や事故などの不可抗力が原因となる廃車です。

 

 

しかしそれ以外にも廃車となる理由があります。

 

 

まず、丁寧なメンテナンスを行って長く車に乗っていると、交換用のパーツの生産サイクルが終わることによって、

パーツにかかる費用が割高になっていく傾向があります。

 

 

そのため、費用対効果の観点からこのまま修理をして乗り続けることが、経済的に割に合わないと感じられるようになります。

 

 

つまり、経済的な理由によって廃車を選択することがあります。

 

 

また、余剰廃車は長く乗り続けてきた車をいざ中古車マーケットに流そうとした際、その車が発表されてから長い期間がたってしまったために、人気がなくなってしまうという状況があります。

 

 

そうなると、中古車マーケットでのニーズがなくなり、新しいオーナーを見つけることができなくなります。

(車業界の在庫過多)

 

その結果、廃車を選択するというケースもあります。

 

 

 

事故廃車はその名の通り、修理費用が莫大になるためそのまま解体し廃車手続きを行います。

 

 

ほかにも、ディーゼル車などの特殊な仕様の車の場合、長く乗っているあいだに環境法が変わってしまうことによって、そのまま所有し続けることが経済的・法的に難しくなることもあります。

 

 

車を取り巻く環境が変化することによって、廃車をせざるを得なくなるといったケースも珍しくはありません。

 

このように、廃車にいたる背景にはさまざまなストーリーがあるのです。

 

topページへ

 

サイトマップ