ディーラーと廃車専門業者の違い

ディーラーの下取りが0円でも諦める必要はありません。

 

同じ中古自動車であっても、ディーラーに出すのか、あるいは廃車専門業者に出すのかによって、それぞれの評価額は大きく異なります

 

 

これは、それぞれの役割や仕事の立場が異なるためです。

 

 

ディーラーが中古車の買取りを行う基準は、中古車マーケットに流す価値があるかどうかという点です。

 

 

つまり、自動車として再利用される可能性がない車両については、ディーラーに買い取ってもらうことはできません。

(通常、ディーラーは下取りで些少なりとも値段をつけますが、それが0円となると相当なお車になります。)

 

 

そのため、車齢が10年以上であったり、走行距離が10万キロを超えていたりする車両は、買取り査定額が大幅に落ち込んでしまいます。

 

 

一方、廃車専門業者においては、その車両が自走できるかどうかはそれほど大きな問題ではありません。

 

 

もちろん、車両の状態が良いに越したことはありませんが、極端なケースでは、事故車や水没車、エンジンの故障した車両などであっても、場合によっては高い買取り査定額が提示されることがあります。

 

 

それは、廃車専門業車は車両のパーツを再利用するマーケットを対象に、事業を行っているからです。

 

 

それも日本国内だけではなく、世界中のリビルド用パーツのマーケットへのアクセスを持っていますので、売れないパーツはないと言っても過言ではありません。

 

 

このように、ディーラーと廃車専門業者は立場が大きく異なります。

 

 

ディーラーで0円査定を受けたからといって、諦める必要はまったくありません。

 

 

廃車専門業者を賢く利用することによって、愛着のある車を効率的にリサイクルすることにもつながります。

 

 

 

当サイトでは廃車専門業者を実際に利用された方のユーザー口コミを掲載しております。

 

一度、廃車ラボ、もしくは廃車買取ネクストの詳細を確認してください。

 

サイトマップ