車を売る際の流れ

車を売る時の目的によって、売却先を決める

所有しているマイカーの売却を考えた場合では、まずは売却する先を見つけることを始めます。
現在では中古車の買い取り専門店が数多く存在しているために、マイカーの状態に関わらず買取りを利用することもできます。

中には高価買取りを宣言しているお店もあるために、いくつもの買取り店から見積もりをもらうことがお勧めになります。

その一方で、一般的には自動車ディーラーなどでは中古車を売る際に利用する場合では、買取り店と比較した場合では、安価で買取られるというイメージがあります。

しかし、乗り換えなどを行う際に、ディーラーで新たに購入する場合では、交渉次第によってはかなりの高値で売却することも不可能ではありません。

売る時の各々の目的によっても異なりますが、どちらにしても複数の業者に見積もり依頼をすることは基本となります。

売却先が決まった場合では、必要書類として
・自動車検査証
・自賠責の保険証、
・税金の納付書、
・リサイクル券、
・住民票、
・印鑑証明と実印
などを必要としています。

個人売買では無く、業者に依頼をする場合では、売る際の一連の流れに関しては業者が代行して行うことが殆どです。


そのため、譲渡証明書や委任状などを必要としていることも基本となります。


名義変更を必要とする場合もありますが、買取り専門店などの場合では、一時抹消を行うことを基本としているために、廃車手続きを行うことが一般的になります。


その際には既に支払っている税金に関しては、月割り計算で変換されることになるために、マイカーの売却した金額と共に、指定口座に振り込みされることが行われています。


少しでも高値で売却することは殆どの方が希望する部分となるために、売却前にはマイカーに一定のメンテナンスを施すことも大切です、最低限ボディを洗い、シートやダッシュボード、ガラスなども綺麗に清掃しておくことで査定額がアップすることも可能性としては十分にあります。


topページへ



 

サイトマップ