一括払いしたのに所有者名義が違う場合の対処方法

車は財産です。なので、所有者に名前を付けます。

車は財産です。なので、所有者に名前を付けます。

それなのに、名義変更してないなんて!

一括払いしたのにも関わらず、所有者が他人の名前になっている・・・ご注意を!

 

けど、所有者が違うと何がいけないの?

その車を廃車にする場合や、売却する場合は手間がかかることになります。

法律上、車は財産なので所有者の名義があなたのものになっていないと、
勝手に上記の手続きできません。

もしも、車屋が倒産していて、行方不明にでもなっていたらどうしますか?

気づいたら今すぐにでも出来ることは、所有権解除という手続きを取り、あなたの名義にしなければいけません。

所有者になっている車屋に必要な書類を用意してもらい、陸運局で行います。
軽自動車の場合は、軽自動車検査協会で行います。

用意してもらうもの
・譲渡証明書
・印鑑証明書
・委任状

これらの書類は、発行日からの有効期限がありますので、手続きは早めに行う事が必要です。

再発行ともなれば、社印付きの書類なので車屋もすんなり出してはくれなくなりますのでご注意ください。

ご自分で用意する書類と合わせて、詳しくは名義変更に必要な書類を参考にして下さい。 加えて、あなたの実印も必要になります。(軽の場合は要りません)

 

売却または廃車を業者に依頼する場合は、上述した手続きはすべてお任せで、もう丸投げしてしまいましょう。

 

なぜ、こんなことが慣習となっているのか?

通常、料金のお支払いと同時に納車という形をとりますが、車の登録時にはまだ、料金が支払われておりません。

あなたの所有者名義で登録したものは良いものの、実際、納車時に支払われるべき金額をもらえず、連絡すら取れないなんて事になれば、販売者にとっては大変なことになります。

あなたの名義で登録していますから、廃車にする事もまた転売する事も出来ません。

これらを回避するには、登録前には支払いが済んでいないといけません。

しかし、登録前に料金を支払ったが、納車前に車屋が倒産したら今度はこちらが面倒なことになります。

よって、どちらも被害を受けないように、支払いが完了したら所有権留保解除の手続きを無料で行ってくれる会社がまっとうな手続きを踏んでいると言えます。

 

どうして、いつまでも変更していないのか?

ご家族と同居していて、実印を持っていないだろうからと、所有者を変更していない事も考えられます。使用者だけの登録なら住民票だけで出来てしまいます。

または、売買するにせよ、廃車にするにせよ何らかのアクションを起こす場合に、 車屋に必ず連絡を取ることを考えて、そこで手続きはすべて行って手数料をもらったり、売り込みをしたりと、所有者を変更していないのかもしれません。

ディーラーで購入したのならまだしも、地元のいかにも・・・というショップが所有者になっているのであれば、今すぐにでも名義変更することをお勧めします。

topページへ

 

サイトマップ