車売却時の再査定を回避するために

査定時は正直に申告することでトラブル回避

買取専門店などの自動車買取サービスが浸透して久しくなりました。
既に買取専門店で査定を受け、実際に売却した方も多いのではないでしょうか。

しかし、せっかく車を高い売却額で決定しても、契約、引き渡し後に再査定を受けるケースがあります。


どのような場合に再査定を受ける可能性があるのか。どのようにすれば売却後の再査定を避ける事ができるのかなどをまとめてみました。


最初に、あなたが現在乗っている愛車が新車で購入した車両か、それとも中古車として購入した車両かで、売却後の再査定のリスクの高低が変わってくる事を念頭に置いておいてください。


まずは新車で購入した車両の場合です。
基本的にはリスクは非常に低いです。

新車から転売する当日までの愛車に起こった、主には事故の有無、メーター交換の有無、冠水の有無、雹害の有無などの項目を正直に申し出れば、転売後の減額等のトラブルは避けられるでしょう。

トラブルを避けるためには正直に車両状態を申告する事が大切です。
あなた以外には誰も所有していない車両ですから、上記の事実が後から発覚した場合には減額の対象になる可能性があります。


続いて中古車で購入した車両の場合です。

新車の場合と比べ、当然リスクは高くなりますが、新車の場合と同じように愛車について知っている事実は全て正直に話しましょう。


ただし、中古車として購入する段階で事故、メーター交換、冠水、雹害の事実を購入者が知らないで購入してしまっているケースもあります。


いわゆる、中古車販売店が事実を隠して販売したケースです。


このような場合は、あなたも被害者となりますが、買取専門店側としては車両を持ち込んだ方に減額を申し出るしかない為、防ぐ手段は無いでしょう。


しかし、そのような場合でも日本中古自動車販売協会連合の各支所で相談に乗ってくれます

その様なトラブルに巻き込まれた場合には一度、相談すると良いでしょう。


topページへ


 

サイトマップ