車の名義人が行方不明

名義人はどこへ行ったの?名義変更が出来ないじゃない

どのような物であったとしても、それを所有している人間が存在しているものです。

しかし、一般的な物に比べて車などの公道を走れる存在となれば、それを所有している人間の権限というものもかなり大きくなってくることが分かるでしょう。


それゆえに、車の所有者が行方不明のような状態になれば、外部の人間がそれを売却したり処分する際にもかなり面倒なことになってします。


それでは、もしそれを所有している人間の所在が全く分からないような場合、どうすれば良いのでしょうか。



これについては非常に難しい問題になるのですが、


まず取るべきスタンダードな方法としては、


所有していると思われる人もしくは名義人となっている人の戸籍謄本や住民票などを使って探し出し、そしてその住所へと直接訪ねて所有している人間の名義変更を行ってもらうというものになります。


これが最もトラブルが無く、なおかつ法にも触れずに行える確実な方法であると言えるでしょう。



しかし、上記の方法では無理であるというような場合、もしくは所在そのものが全く分からないというケースであれば、様々な手続きを踏む必要があります。



特に完全に失踪をしているようであれば、裁判所へ当人の失踪届けを出しましょう。


仮にこの届を出して失踪から7年が経てば、その人は法律上は死亡した扱いになりますので、その人の親族へと所有権が相続されることになります。


そして、その所有権が相続された人に名義変更や処分を行ってもらうという手段を取ります。



これだと非常に長い時間がかかってしまいますが、相続人が入れば100%どうにかなりますので、安心できる方法だと言えるのです。

このように、所有をしている人間がいなければ、その都度必要な法的手段を用いて行くことが大切になってくるでしょう。


上記のような事を防ぐためにも、車の支払いが完了しているのに、車検証の名義人欄があなた名義になっていない場合には重々注意して下さい。


topページへ



 

サイトマップ