車が解体されていく流れ

車の解体で利用できる部分をリサイクルして行く流れ

実際の車解体の工程をご紹介します。

 

先払いしているリサイクル料金は下記の工程の中で利用されます。

 

1、まず、解体業者に引き渡された車はまずフロンガスの回収が行われます。

環境に関係する部分であり、専門業者が担当します。

 

2、その後、部品単体で再利用できるものがないかどうかのチェックが行われます。

再利用できる部品は取り外され、保管されます。

そしてエアバッグなどの装備がひとつずつ外されることになります。

シートベルト類もこの時に外されることになります。

 

3、続いてオイルを抜く工程に入るのですが、オイル類で部品が汚れてしまうことを防ぐため、タイヤやホイールなど取り外し可能な部品は取り外されます。

外装に関しても外され、再利用の可能性を探られることになります。

 

4、オイルに続いてラジエーターやブレーキオイルなど、油脂類をすべて抜き取ります。

ラジエーターなどオイル類を抜き取ってはじめて外すことができる部品を、この時に外すことになります。

フレームに関する部分、エンジンなどの機構に関する部分も取り外されます。

取り外された部品はやはり再利用の可能性が探られ、素材毎に分別されます。

 

5、そのようにして部品が外された車両はシュレッダー業者に引き渡されます。

その際、作業完了はオンラインで管理され、オーナーから引き渡された事業者が管理することになります。

 

最終的に残ったフレームなどは専用のシュレッダーで細かく裁断され、処理されます。

この工程もオンラインで管理されることになります。

それぞれの廃棄物は素材毎に適正に廃棄、または再資源化されることになります。

 

topページへ

 

サイトマップ