車 寿命

車の寿命とそれを調べる方法


車にも寿命が存在しますが、走行距離10万km以上というのはタダの目安でしかありません。


派手に破損したりすれば見た目だけでもう使えないものと分かりますが、それもなく外から見た状態では寿命が分からないということもあると思います。


ではそれを調べる方法としてはどういったものがあるでしょうか。


まず車は大破ではしない限り、問題となる部分の部品を替えればまた使うことが出来ます。

なので、実質的に寿命がないということになり、それは部品に関係がしてくるといえます。


ただ、車は動かして使うものです。

そしてそれで部品の耐久性も減っていくので今まで走ってきた走行距離は調べる上では一番の目安となりえます。


その大まかな目安になるといわれているのは10万kmとされていますが、

これはあくまで他の条件を一切無視した数字であり、種類や使用状態によっても変わってきます。


種類によって違うと書きましたが、基本的に軽自動車は短く、大型は長いとされています。


これは当たり前ですが構造の違いがあり、大型になればなるほどエンジンと車自体の耐久性が強くなるからです。


後は部品が寿命に関係しているということはメンテナンスをすれば更に延びます。


部品とエンジンの交換と他にも色々しかりメンテナンスをすれば目安の数倍になるとされています。



ただ、やはり部品を替えていっても車自体の劣化による内部構造の変化によって使えなくなる時というのはあります。
そうなれば部品交換というメンテナンスも意味を成さないので買い替えのサインかもしれません。

そういう意味でもメンテナンスは状態を知る上でこまめにした方がよいでしょう。


しかし、いくらメンテナンスを行っても、事故により車のフレーム(ボディ下部にある1本柱)が歪んでしまった場合は、さすがに修理は出来ません。

真っすぐ走らなくなりますので、廃車にするかパーツだけを取り出すしかなくなります。

topページへ


 

サイトマップ