遺産分割協議成立申立書

100万円以下の車の相続は遺産分割協議成立申立書の利用を検討する

故人の資産は遺産として、相続する権利がある方に公平に分配されることになります。

 

自動車も資産ですので、通常は相続権を持つ方全員の合意があって、それを証明する書類が必要です。

 

その書類は相続人全員の実印が押印された遺産分割協議書というものになりますす。

 

しかし、査定額が100万円以下の自動車の場合はもっと簡易的な遺産分割協議成立申立書というもので済ますことが可能です。

 

もちろん、こちらも同様に事前に各相続人からその旨の了解を得ていることが必要になります。

 

これは遺産分割協議書を作成する難易度が非常に高いために設定されている措置であり、

 

各相続人が印鑑登録をし、ひとつの書類に押印するためには書類を郵送で回すなど多大な労力がかかります。

 

そのため、査定額が100万円以下であれば、相続人全員の実印での捺印を省くことができるというルールが定められています。

 

つまり、単独相続する方だけの実印の捺印だけで相続可能ということです。

ボーダーラインとして設定されている100万円ですが、購入した時の金額ではなく、あくまでも査定価格です。

 

ですので、改めて相続が発生する時点の価格を買取事業者などに査定してもらうことが必要です。

 

査定結果は添付書類として用いることができる形で受け取っておきます。

 

廃車を検討している車の場合は多くの例で100万円を下回っていることになりますので、故人の車を廃車しようとした場合にはこの遺産分割協議成立申立書を用いることが多くなります。

 

相続人と故人の関係を示す資料や相続人の印鑑証明書を添え、名義を変更することができます。

topページへ

 

サイトマップ